†KAMIJO JAPAN TOUR 19 “PERSONA GRATA”@マイナビBLITZ赤坂<19.7.26>†

今回、細かいセリフまでは記憶できなかったので大筋のストーリーと部分部分、覚えているところをセリフは記載。

ストーリーはサン・ジェルマン伯爵がマスコミに姿を現してから1年後・・・

舞台はアメリカ・・・
アメリカ合衆国エネルギー省(以下・DOE)・長官の自宅。

TV番組:アメリカでも導入が決まったエミグレ制度。
一足早く導入された日本では、制度によって契約によって家族との感動の再会が果たされています。
※エミグレ制度・契約内容 その3
・契約満了した者は、本当の死を迎える前に最後に一度だけ遺族と会うことができる。
引用:KAMIJO オフィシャルブログ 第17話「精霊の家・後編」

DOE長官:ようやく、わが国にもエミグレ制度の導入が決まった・・・。
○○?○○?(妻?娘?を呼ぶ)

別の部屋から物音

DOE長官:誰だ?お前は?

暗殺者:お前も早く、契約しておけばよかったな。

銃声・・・

ここから、新曲が2曲続き、Nosferatuへ
曲の冒頭では
KAMIJO:ようこそ理想世界へ!

SE-Emblem-が流れると

アメリカ国家安全保障局(NSA)の捜査局に場面が転換。

指揮官:DOE長官が何者かによって殺害された。
今回、捜査はこちらで行うことになった。

女性捜査官:殺人事件がなぜこちらでの捜査に?

指揮官:わからないが、そういうことだ。

ここからEmigre、Vampire Rock Star、Ecstasyと曲が続く。

Emigre、Vampire Rock Starとの曲間だったかな・・・?

女性捜査官:(電話で)だから、○○(女性の名前)との関係はそっちで勝手にやってよ。
もう切るわよ。

男性捜査官:なんだ?怖い顔して。彼氏と喧嘩か?
女性捜査官:放っておいて!!

Ecstasyが終わると、

女性捜査官:あなた何しているの?口の周りが血だらけじゃない??
・・・そう、あなたはそっち側なのね・・・

何かの鼓動から得体の知れないモノの雄たけびが響き
雷鳴からの闇夜のライオンへ。

Delta -Interlude-,Castratoと続きメンバーが登場した際、SEとして流れた新曲へ。

曲が終わるとスクリーンにはシェールガス最大手・マグリオット社の社屋の映像。

男性捜査官:どうやら、今回の事件はエミグレ制度の導入が関わっているのは間違いなさそうだな・・・。
なあ、この男がマグリオット社にいるようなんだが、誰だかわかるか?

女性捜査官:調べてみるわ・・・。いたわ!専務の○○ね。
でも、わかるのはここまで。あとは社内の個人の端末からじゃないとアクセスできないわ・・・

場面が変わり、SEにアメリカ国歌。

秘書:大統領。お見えになりました。
アメリカ大統領:ようこそ、セント・ジャーメイン。
サン・ジェルマン伯爵:こちらこそ。お会いできて光栄です。大統領。
アメリカ大統領:エミグレ制度、ようやくわが国でも導入ができそうだよ。
しかし、導入に尽力してくれたDOE長官が何者かによって殺されてしまった・・・
サン・ジェルマン伯爵:それは残念です。

アメリカ大統領:セント・ジャーメイン。私はこのエミグレ制度をどうやってもわが国でも導入したい。
君は過去も未来もわかると聞いている。
なので、私に協力していただきたい。
君はその時々の英雄に力を貸しているのだろう?

サン・ジェルマン伯爵:私の力など、微々たるモノですよ。大統領。
いいでしょう。できる限りのことは致しましょう。
代わりと言ってはですが、移動の際はシークレット・サービスを利用してもよろしいですかな?

アメリカ大統領:わかった。すぐに手配させよう。

サン・ジェルマン伯爵:それにしても大統領。
あなたの言動や考え方はジョージに良く似ておられる。

アメリカ大統領:そうか。それは光栄だな。
ジョージとは選挙でも戦った仲だ。
彼もとても優秀な政治家だからな。

サン・ジェルマン伯爵:いえ、あなたが似ておられるのはジョージ・ワシントンですよ。

秘書:セント・ジャーメイン。用意ができました。

サン・ジェルマン伯爵:それでは大統領。またお会いしましょう。

ここで更に新曲を挟み、爆破音ととも、車が炎上している場面へ転換。

秘書:ご無事ですか?セント・ジャーメイン・・・
サン・ジェルマン伯爵:大丈夫です。
秘書:やはり、DOE長官を狙ったものと同一でしょうか?
サン・ジェルマン伯爵:このマークは?!

とEye of Providenceのジャケ写に描かれたシンボルが映し出される。

Eop_Banner

Eop_Banner

【引用:KAMIJOオフィシャルサイト-ニューシングル「Eye of Providence」が発売決定!-】

からEye of Providenceへ。
曲の入りに銃声とともに爆破の特効があって、めっちゃビックリした・・・
KAMIJOがそんなの使うとは思わないじゃん・・・。

最後、SEが終わると、エンドロールへ。

エンドロールが終わると、アンコールも無く、BASTILLEのイントロと共にメンバーが再登場。
BASTILLEに続いて、Dying-Tablelと暴れ曲が続く。
Dying-Tablelのオケはオーケストラ仕様に変更されてた。
他の曲もオーケストラ仕様になったものあったのかな・・・?

Dying-Tablelが終わるとようやくMCへ。

KAMIJO:KAMIJO JAPAN TOUR 19 “PERSONA GRATA”。
ようやく初日を迎えることができました。
皆さん、ありがとうございます。

ここでお知らせですが、このツアーのファイナルが決定しました。
10月6日、ここマイナビBLITZ赤坂に帰ってきます!
JAPAN TOUR 19 “PERSONA GRATA” FINALのチケットFC先行受付

KAMIJO:そして、10月から2020年にかけてシングル3部作をリリースします。
シングル三部作リリース決定!

告知から
KAMIJO:ドゥクドゥクしようぜーーー!!!
とMoulin Rouge。曲中、YUKIに向かって
KAMIJO:YUKI、跳べ!!

ってかなりの無茶振りwww

追憶のモナムールに続いて、ラストはLouis ~艶血のラヴィアンローズ~

モナムールって久々にライブで聴いた気がする。

今回、MCが少なくほとんどストーリーに費やした感じ。
新曲のストーリーがまた不明確なので深くは考察できないけど、
闇夜のライオンの部分で、ヴァンパイアの異種が覚醒したフラグなのか?

それともモナムールを持ってきたってことは、アルバム「Heart」の
愛か、プライドか・・・というフレーズのフラグを更に立ててるのか?

†KAMIJO JAPAN TOUR 19 “PERSONA GRATA”@マイナビBLITZ赤坂<19.7.26>†
セットリスト
SE.Sang-epilogue-
1.新曲1(イントロ?)
2.新曲2
3.Nosferatu
4.SE-Emblem-
5.Emigre
6.Vampire Rock Star
7.Ecstasy
8.闇夜のライオン
9.Delta -Interlude-,
10.Castrato
11.新曲1
12.SE-アメリカ国歌-
13.新曲3
14.Eye of Providence
15.SE-新曲?-
End Roll

Encore
16.BASTILLE
17.Symphony of The Vampire 第四楽章-Dying-Tablel-
18.Moulin Rouge
19.追憶のモナムール
20.Louis ~艶血のラヴィアンローズ~
SE.Ending+Eye of Providence

★記事がよかったら、上記のアイコンから共有してもらえると嬉しいです!★

↓↓次回の公演もチェック!!↓↓
チケットぴあ

KAMIJOの最新記事

About the Author

不埒な オトコ
GACKT,Versailles(KAMIJO,Jupiter)など、ビジュアル系のライブレポートを中心としたブログ

Be the first to comment on "【イベントレポ】†KAMIJO Blu-ray&DVD「Sang Live at Zepp DiverCity Tokyo」インストアイベント@新宿 タワーレコード<19.1.27>†"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*