†【ライブレポ】KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen Final @赤坂ブリッツ<16.5.30>†

KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen Final に参戦(・∀・)
3月の初日から始まった長いツアーの本日でファイナル。
新曲などの発表は無く、今日こそはと期待(・ω・)
暗転後、KAMIJOの語りが始まる
2004年、ルイ17世の心臓はDNA鑑定により、正式に本物であると発表された…
「私の心臓を入れ換えることに成功した。これで王家の伝統が守られた。しかし、あの男の助言がなければこうすることは思い浮かばなかった。その男の名はS・G…」
そして、Vive le roiのSEから一曲目はLouis~艶血のラヴィアンローズ~。
Death Paradeでは、敬礼をしながら行進。最後の間奏のところでは行進すべきところで拳を上げちゃって
KAMIJO:間違えたーーー
と自首しておりましたw
はい、KAMIJOに騙されましたが何か??←←
Prestoはステージ上段から登場。途中から階段を降りてくるも、思ったいり、段差が高かったのか一歩一歩、恐る恐る降りてたw
赤い照明が薔薇に照らしててオシャレ!
Heartは一曲通し。参戦したツアーに中では、通しでやったことはなかったような( ̄▽ ̄)
演奏後は一旦、メンバーが捌けて、KAMIJOの語り。
-行方不明者の遺品から「エミグレ」という名の組織が関係していたことが判明。
契約書の一部らしきものも発見される…
エミグレ制度
契約内容その1
60歳以上であれば契約が可能
契約者は寿命を全うするまで年金倍の額を受け取ることができる
本契約はドナーとして身体を提供するものである
契約内容その2
契約者は死後、遺体を聖霊の家に運ばれ甦らせられる
その後、生前の契約期間と同じ期間、眠ったまま血を作り続けたのちに本当の死をむかえる
それを契約満了と呼ぶ。
Sacrfice of Allegrでは楽器隊は問題なさそうだったけど、KAMIJOが途中で歌えなくなって、手を挙げてスタッフにアピールからの
KAMIJO:トラブったーーーーー!!お前たち、ラッキーだな!なんだか、暴れたくなってきたな!曲を変えてもいいか?!メンバーは次に何をやるかわかってなーーーい!お前たちは仔羊だよなー!お前たちをジンギスカンにしてやるーーー!Dying-Table
KAMIJO:人にはイメージというものがあって、僕が外では薔薇とか舞踏会とか色々なところで言っているから、毎日が優雅な舞踏会みたいなイメージをされてると思う…でも、実際は鍵盤とにらめっこの毎日ー!本当は毎日、マダムと踊って、四角いベッドでルパン三世みたいにダイブしたいんだけどな!だから、ライブの時だけは、お前たちと舞踏会のようなパーティーをさせてくれー!僕とCHISEIも踊るから一緒に踊ってください!Moulin Rouge!
ムーランではKAMIJOとCHISEIの不思議な踊りが炸裂www
CHISEIくんは途中、ステッキをKAMIJOに渡そうとタイミングを計るも、マイクのトラブルで一旦はけてた。そのせいかタイミングを見失ってたなw
途中でどうしようもなくなって、KAMIJOが寄っていくという状態にw
その他、DAISHIや時雨と絡んでたりしたので、きっと、フォロワーさんが色々と歓喜だったことでしょう( ̄ー ̄)
KAMIJO:薔薇には色々な種類があります。花を咲かせるもの。茎だけのもの。蔦に絡みつくもの。色々な種類の薔薇がありますが、ここにいる君たちはKAMIJOという名の蔦によって繋がっている薔薇です。中には葉っぱもいるかもしれないけど、美しい薔薇です。そんな薔薇にこの歌を送ります…
と話、この世で一番美しい薔薇よ。
そして、本編のラストでは新曲を披露。
正直、SotVほどの衝撃はなかったな・・・
アンコールでは、KAMIJO一人がまずは登場。
KAMIJO:耽美とは、善悪や道徳を無視して、美を追求すること。しかし、僕が考える耽美は誰かのために何かをすること。このツアーに参加した人は、どこかで聞いたことのある感じかもしれません。それをようやくここで披露することができました。日本でのこのツアーはファイナルとなりますが、8月にはニューヨーク、メキシコ、パリとワールドツアーを行います。そのあとはまた、11月6日に東京、23日に大阪、27日に名古屋と東名阪でツアーを行います!その前に、8月からVersaillesが復活します。3年半の時を経て、ソロでは僕の思い描いたストーリーをこの素敵なメンバーで、やりたいことやってこれて、とても幸せです。しかし、Versaillesも6人でこれからの伝説を作っていきます。そんな僕自身を歌ったこの曲を…
と、運命へ。
今まで、東京のみでの参戦だったので、地方公演で演奏してたので久々に聞けて良かった。
KAMIJO:ここからは再度、物語の世界へ…ヴェートベンがルイ17世をタンブル塔から連れ出したあの夜から…
月のアダージョとThrone。
再度、アンコール。
最後はRose Croix、Royal Blood。
最後、メンバー紹介。
CHISEIは呼ばれて、ダンス?振付?を決めてたけど、KAMIJOから
「お前を最初にやったら、やりにくいわ!!」ってダメだしwwwww
やたらMekuがドヤってたのはなんだったのでしょう( ̄ー ̄)?
一人ひとり、メンバーを紹介した後、KAMIJOからRoyal Bloodのメロディーで
「らららーらら、らーらら、らーららららー」と大合唱。
最後はKAMIJO一人で「永遠のメロディー It’s Royal Blood」で〆てお終い。
6月からは一旦、Versaillesの活動再開。
新曲のリリース、インストもあるのでしょうか・・・( ̄ー ̄)
なんなら、新ストーリーのアルバムでもいいけどw
最近、KAMIJOやJupiterみたいな箱だと終わった後に耳が大変なので、ライブ用の耳栓をつけて参戦するようにしてるんだけど、ヴォーカルとリズム隊の音は聞こえるけど、ギターとか、コールアンドレスポンスの時の周りの声が聞こえにくいのが難点…( ´  ω` )イマイチ盛り上がってないように聞こえちゃう。いいものないですかねー。
†KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen Final @赤坂ブリッツ<16.5.30>†
1.Vive le Roi
2.Louis~艶血のラヴィアンローズ~
3.闇夜のライオン
4.Symphony of the Vampire 第五楽章「Sonata」
5.Death Parade
6.幻想トリアノン
7.Heart
8.第一楽章「Presto」(Vo Solo)
9.第二楽章「Sacrfice of Allegro」(機材トラブルにて中断)
10.第四楽章「Dying-Table」
11.Bastille
12.Moulin Rouge
13.片手に夢を持つ少女
14.この世で一番美しい薔薇よ
15.新曲
アンコール
16.運命
17.第六楽章「満月のアダージョ」
18.第七楽章「Throne」
アンコール2
19.Rose Croix
20.Royal Blood

★記事がよかったら、上記のアイコンから共有してもらえると嬉しいです!★

↓↓次回の公演もチェック!!↓↓
チケットぴあ

KAMIJOの最新記事

About the Author

不埒な オトコ
GACKT,Versailles(KAMIJO,Jupiter)など、ビジュアル系のライブレポートを中心としたブログ

Be the first to comment on "【イベントレポ】†KAMIJO Blu-ray&DVD「Sang Live at Zepp DiverCity Tokyo」インストアイベント@新宿 タワーレコード<19.1.27>†"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*