†【ライブレポ】KAMIJO Epic Rock Orchestra -Chamber Music Ensemble-~高貴なる室内楽の調べ~@東京キネマ倶楽部<17.10.9>†

†KAMIJO Epic Rock Orchestra -Chamber Music Ensemble-~高貴なる室内楽の調べ~@東京キネマ倶楽部<17.10.9>†

東京キネマ倶楽部に置かれた本日のプログラム

東京キネマ倶楽部に置かれた本日のプログラム

本日は東京キネマ倶楽部で2部構成のKAMIJOのライブ。
まずは Epic Rock Orchestra -Chamber Music Ensemble-~高貴なる室内楽の調べ~。

以前からSymphony of The Vampireのインスト時にオーケストラとのコラボも希望と伝えていたので、近い形でライブが行われるのは嬉しい(・∀・)

ステージの構成としては、下手にピアノ、センターにKAMIJOの玉座、上手に四重奏。

KAMIJOはカストラートの衣装で登場。

客席側もクラシックのコンサートさながら、着席しての参戦(?)w

KAMIJOの合図とともに、Royal Tercetから始まり、Luis ~艶血のラヴィアンローズ~と続き
KAMIJO: Epic Rock Orchestra -Chamber Music Ensemble-~高貴なる室内楽の調べ~へようこそ。本日のピアノは佐山こうたくん、ストリングスは玉響のみなさんです。
僕の曲は常々、ピアノや弦楽四重奏と相性がいいと思っていました。今日は楽曲の丸裸の姿、本当の姿なのかもしれません。そんなアレンジをお楽しみください。Romantique・・・

【参考】玉響 公式サイトhttp://tamayura-strings.com/

その後は続いてHeartを演奏。
途中、「真夜中の庭園に~♪」の部分は歌わなかったけど、そういうアレンジだったのかな?

Heartの演奏が終わると
KAMIJO:僕の楽曲がピアノとストリングのアレンジによって生まれ変わり、歌いながら感動しています。そんな楽曲のメッセージがみなさんに伝わったら嬉しく思います。次は先日、リリースした曲を贈ります。憂いの花が綴る愛・・・

その後には、あの人の愛した人ならとLAREINEの曲が続く。
演奏後は、佐山さんとKAMIJOがステージから一旦捌け、玉響のみで演奏。
自分らの楽曲だったかのかは定かではない・・・

演奏後に再度、KAMIJOと佐山さんが登場し、
KAMIJO:会場のmademoiselleたちへ・・・mademoiselle

イントロのピアノとストリングスが生演奏になると、とってもきれい(・∀・)
続く、この世で一番美しい薔薇よのイントロも四重奏ならではのアレンジがイイ!!

KAMIJO:Symphony of The VampireからPresto
に続き、追憶のモナムール。

KAMIJO:僕の曲がライブで皆さんに育てて頂いて、何年後何十年後どういった形でになるのか、完成刑なのかはわかりません。ですが、常にライブの度にそのときが完成系だと思って歌っています。そして新しい未来と新しい運命を築いていきたいと思います。最後の曲です・・・運命・・・

演奏後は、KAMIJOを含め、全員退場。

会場もいつものコールもなく、拍手でアンコール。

意外と早く、KAMIJOも登場w

KAMIJO:みんな、普段のライブに慣れているから、声を出したい気持ちを拍手にこめてくれているのがよくわかりますw
なかなか無い機会ですので、手が痛くなるまでしてみるのもどうですか?

と、客席から大きな拍手

KAMIJO:ありがとうございます。今回、佐山こうた君がアレンジをしてくれました。
どうもありがとう。
こうして僕が理想の音楽を形にしていく瞬間に皆さんがいてくれることがとても嬉しく思います。
昔、自分が音楽を始めたころ、不安で不安でどうしようも無いときもありました。
自分がどこに向かえばいいのか。やりたいことはあるけれど、それはちゃんと光に照らされるのだろうか。そんな時に作った曲を贈ります・・・

と佐山さんのピアノからROMANCIAの演奏がスタート。

曲の最後に、佐山さんのソロ?アレンジ?の最中に玉響が再登場し、満月のアダージョへ。

そして、演奏が途切れることなく、Royal Bloodへと続ける。

曲の最後に
KAMIJO:人が生きるためには体を流れる血が必要です。音楽にはその血と同じくらい力があります。体だけではなく心に流れる血が。

演奏後には
KAMIJO:バンドをはじめてから、こんな日が来たらいいなと思っていましたが、今日、やっとスタートに立てました。
これからも僕のチャレンジは続きます。
どうか応援をお願いします。ありがとうございました。

と、KAMIJOの一言でライブ終了。

曲の途中、KAMIJOの指揮で演奏が始まったり、佐山さんきっかけで演奏が始まったりと色々と、演奏する側も大変そう・・・w

KAMIJOは何回か、上手のスタッフに対して、マイクを上げろとジェスチャーをしてた。

今回のアレンジで感じたのは、昔と比べてKAMIJO、歌がうまくなったね←←何様?w

特にLAREINEの曲にも力強さがある感じがしたw

満月のアダージョからRoyal Bloodへ繋ぐ佐山さんのソロでは弾きながらメッチャ笑顔だったw

LREINEの曲、特にROMANCIAとか演奏するとは思ってなかったから、かなり貴重なライブでしたね!

最後のRoyal Bloodのアレンジも自分的にはかなりツボ。
四重奏だったからなのか、はたまたKAMIJOの音楽だからなのか、こういうアレンジだとFFよりもドラクエよりだよね←←なんかそんな感じがしたw

玉響さんの演奏もとっても素敵でした(・∀・)

†KAMIJO Epic Rock Orchestra -Chamber Music Ensemble-~高貴なる室内楽の調べ~@東京キネマ倶楽部<17.10.9>†
セットリスト

1.Royal Tercet
2.Luis ~艶血のラヴィアンローズ~
3.Romantique
4.Heart
5.憂いの花が綴る愛
6.あの人の愛した人なら
7.玉響四重奏-あいたソラ-※
8.mademoiselle
9.Presto
10.追憶のモナムール
11.運命
12.ROMANCIA
13.満月のアダージョ
14.Royal Blood
※参照:【KAMIJO twitter】https://twitter.com/KamijoOfficial/status/917798508572246017

★記事がよかったら、上記のアイコンから共有してもらえると嬉しいです!★

↓↓次回の公演もチェック!!↓↓
チケットぴあ

KAMIJOの最新記事

About the Author

不埒な オトコ
GACKT,Versailles(KAMIJO,Jupiter)など、ビジュアル系のライブレポートを中心としたブログ

Be the first to comment on "【イベントレポ】†KAMIJO Blu-ray&DVD「Sang Live at Zepp DiverCity Tokyo」インストアイベント@新宿 タワーレコード<19.1.27>†"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*