†【ライブレポ】MOSHIJO THE THIRD 王家の血とSONATA@東京キネマ倶楽部<17.12.9>†

†【ライブレポ】MOSHIJO THE THIRD 王家の血とSONATA@東京キネマ倶楽部<17.12.9>†

MOSHIJO THE THIRD 王家の血とSONATA の看板

MOSHIJO THE THIRD 王家の血とSONATA の看板

KAMIJOとマスコーラスグループ「Be Choir」のコラボレーションライブ。
「もしクワ(もしもBe Choirが◯◯とコラボレーションライブをしたら)」シリーズからスピンアウトした「MOSHIJO(もしもBe ChoirがKAMIJOとコラボレーションライブをしたら)」の三回目!

以前の様子はこちらから
†【ライブレポ】「もしもBe ChoirがKAMIJOとコラボレーションライブをしたら MOSHIJO THENEXT Symphony of The Vampire~Heart ベートーベンからのメッセージ」@東京キネマ倶楽部<16.12.11>†
†【ライブレポ】もしクワ The Third Symphony of The Vampire-もしもBe ChoirがKAMIJOとコラボレーションライブをしたら-@東京キネマ倶楽部<15.12/13>†

今回は「王家の血とSONATA」の副題がついてるけど、どのような展開にもっていくのかが楽しみ。

会場が暗転後、スクリーンの暗幕が上がり、映像からスタート。
墓の画像(王家の墓という意味なのかな?)BGMは威風堂々。

一曲目はカストラート、Symphony of The Vampire 第1楽章から第3楽章。Louis~艶血のラヴィアンローズ~と一気に演奏。
KAMIJO:ボンジュール!MOSHIJO THE THIRDへようこそ!今夜はBe Choirさんだけではなく、みなさんにも歌ってもらいます!まずは発声練習の変わりに、この曲で吠えてみろ!

と闇夜のライオンへ。そして
KAMIJO:お前たち、腹は減っているのか?
(客席:??)
KAMIJO:Are you hungry?
(客席:イエーィ!!)
KAMIJO:ディナーの時間だ! Dying-Table!

と急にどうしたKAMIJOwという煽りwww客席は一瞬反応に困ってたぞww

Dying-Tableが終わると、Be Choirの男性陣が一旦退場。

KAMIJO:次の曲は、いわばデザートの様な曲です。ここにいるBe Choirさんの女性陣が甘いチョコレートの様なコーラスを加えてくれるでしょう!

Be Choir:今宵もパリでは秘密のパーリー♪狂いたいならムーランルージュ♪ムーラーンルージュ♪

とMoulin Rougeへ。
続いて
KAMIJO:さぁ、行進の時間だ!
とDeath Parade。

からサンクチュアリ、片手に夢を持つ少女に続く。
片手に夢を持つ少女では、KAMIJOもタオルを回してたんだけど、KAMIJOも「あれっ?」と不思議な表情を。間奏中に、なにかスタッフに確認・・・
最後、客席に向かってタオルを投げる・・・前に、客席に向かってタオルを広げると
まさかの「Versailles 10th Aniversaly」←←
そりゃ、KAMIJOも苦笑いですよねwwwwスタッフしっかりしてwww

その後はHeartに続き、歌い終わるとKAMIJOは下手の2階ステージへ。

ここからはしばし、Be Choirのターン

キーボードの佐山さんがベートーベンのピアノソナタ「月光」を演奏。

ストーリーとしてはルイ17世のただ一人の友人となったベートーベン。
ベートーベンもまたヴァンパイアであったが、禁忌となっている人間の女性を愛してしまったため聴覚を失ってしまう。
ヴァンパイアが生きていくために必要であった美しい旋律が聞こえなくたったため、ベートベンは亡くなってしまう。
ベートベンが愛する人の為に作ったピアノソナタ「月光」。
そのベートベンが残した美しい旋律を、聞きながらルイ17世は友の死を偲ぶ。

という内容。

そこからBe Choirが「月光」に歌詞をつけて歌う。
そして、後半はその歌詞を受けてKAMIJOが応えて歌うというやりとり。

アウトロは「月光」の伴奏から第5楽章 Sonata、第6楽章 満月のアダージョと続く。

アダージョの終わりから第7楽章 Throneへと続くと思っていたが
普段とは聞きなれないイントロに・・・アレンジを変えてRoyal Bloodへ。

普段はアウトロで「ラララ♪」と歌うのだけれど、この日はまたアレンジが違う。
KAMIJO:僕は皆さんがいるから輝ける。僕は皆さんにとっての月でありたいと思っています。
と話してからメロディーに載せて

あなたという太陽に照らされて (眩しくて)
闇夜に淡く光る そうさ僕は月

もしも太陽の光が無ければ (一人では)
光る事など 出来ない 寄り添うだけの星

だけど月だけにしかできない事 (僕だけは)
夜に眠るあなたを優しく照らして見守ろ

【Royal Blood アウトロ部歌詞】
<参照:KAMIJO official twitter:https://twitter.com/KamijoOfficial/status/939514581407358976>

と歌う。

そしてRoyal Bloodで本編終了。

アンコールを経て

長谷川さん:MOSHIJO THE THIRDにお集まりいただきありがとうございます。私ごとになるのですが、先日、子供が生まれまして・・・。
客席:拍手
長谷川さん:ありがとうございます。次は僕たちの「聖なる人」という歌を歌わせてもらいます。
この歌は、(東日本の)震災を題材にした歌なんですけど、津波が時に避難を呼びかけ続けて亡くなってしまった人がいまして・・・。
それで先日、その方のご両親が一寝一食の宿をやっていまして、南三陸へ泊まりに行きました。少し、そのご両親とお話をしたんですけど、やはり今でも子供のことを思い出すと、涙が出てきてしまうと。
自分も子供ができるとグッとくるものがありますね・・・。
南三陸のさんさん商店街でも歌ったこの歌を聴いてください・・・聖なる人
Be chior 聖なる人

歌が終わり
長谷川さん:それではKAMIJOさんに再び登場願いましょう!KAMIJOさん!
と下手の2階ステージを向いて呼び込み

長谷川さん:あれ?KAMIJOさん?みんなの声が足りないと出てこない?

KAMIJO、しれっと上手から登場。客席やメンバーに「シッー!」と静かにというジェスチャーw
長谷川さんを後ろから指差したり、やりたい放題w

長谷川さん:KAMIJOさん?(まだ気づいていないw)
KAMIJO:はい・・・?
長谷川さん:えっ?(ビクッ!!Σ(・ω・;|||←こんな感じw)
あれ?てっきり、こっちから出てくるものかと!!
(メンバーに向かって)お前たち、知ってたな!クソォー・・・

と、やりとりがあったけど、なんとなくわざとらしい長谷川さん・・・w

KAMIJO:Be Choirさんとは3回目の共演となります。今年の2月に僕のバンド・Versailleの武道館公演でコーラスとして参加いただきました。ありがとうございました。
当日は、僕らの楽屋と野球で言うとホームとセンターぐらい場所が離れていたのですが、2回MOSHIJOで共演もしているし、そろそろ顔も覚えてきたので、揚々と挨拶に行ったら80人くらいが黒尽くめで黒いアイメイクをしているし、メイク学校の学生さんが手伝いに来てて、こっちもみんな黒い格好をしているので、もう誰が誰だか全然わからなかったw
もう150人くらいいたよね?

長谷川さん:それくらいいましたねw

KAMIJO:次はとあるアニメの主題歌を。この歌にBe Choirさんのコーラスを乗せたら素敵だなと思いまして。まぁ、半分僕の持ち歌の様な感じなのですが・・・w薔薇は美しく散る

演奏後に
KAMIJO:長谷川さん、なにかBe choirさんのお知らせはある?

長谷川さん:いいんですか?えーと、まずTOKYO MXテレビの「就活の羅針盤」という番組の主題歌を歌ってます!それとラグビー・スーパーリーグの主題歌も歌ってます!
そして、日本テレビの「歌唱王」という番組の決勝21人に僕とメンバーの田中が残っています。課題曲が「ふるさと」になっていて、ホームページで投票があるので、みなさんよろしくお願い致します。
参照:歌唱王・投票ページ

KAMIJO:僕からは、僕は神奈川県民なんですけど、千葉テレビに出ます。ジャガーさんという音楽界のすごい人(?)の番組「お悩み解決 ジャガーだよ!県民集合!!」という番組に出させていただきますw
来週17日にバンドのVersailleの10周年のツアーファイナルがZepp TOKYOで行われます。みなさん遊びに来てください。
そして、年明けの1月8日にはここキネマ倶楽部で信念會と称して、ライブを行います。来年の決起集会のような形になりますのでよろしくお願いします。
最後が一番大事なお知らせになるのですが、1月16日に新曲の「Nosferatu」がリリースされます。この曲はBe choirさんにもコーラスで参加いただいております。
「Nosferatu(ノスフェラトゥ)」は直訳するとヴァンパイアという意味になります。
この曲は昨年、Aestheticism(エスティシズム)ツアーで初めて披露しました。
Aestheticismとは耽美主義。耽美主義とは倫理や道徳に反してでも、美を追求すること。どんな人も倫理や道徳に反してでも行動することがあります。その理由は愛。
愛とは何か。僕の出したひとつの結論は生きること。生き続けて大切な人を悲しませないこと。
そう考えた時、永遠を生きるヴァンパイアは愛の1つの答えなのかもしれません。

と語り、Nosferatuへ。

その後は昨年のMOSHIJO THE NEXTでも披露したSymphony No.9、第7楽章 Throne と続き終了。

最後は長谷川さんがメンバー紹介をし
KAMIJO:フランスにVive le Roiという言葉があります。
皆さん、手をつないで・・・来年も高く飛びましょう!Vive!
客席:le Roi!

で終了。

出演者が退場後、映像でKAMIJOの物語に対するBe Choirの解釈とメッセージ、スタッフロールが流れる。(BGMは mademoiselle)

メッセージの一部は
KAMIJOさんは自身のことを月と表現していました。
みなさんはきっとKAMIJOさんを照らす太陽になるのでしょう。
月は太陽の光が無くては輝くことができません。
(中略)
またKAMIJOさんの物語の続きをお待ちしております。

今年の序盤はいつものKAMIJOのソロと変わらない雰囲気だったけど、
月光の件くらいから、Be Choirの本領発揮!Symphony No.9も今年も聞けたので満足。

月光やSymphony No.9の歌詞はKAMIJOが書いてるのだろうか?

来年発売するKAMIJOのライブDVDにMOSHIJO THE NEXTのライブCDが特典でつくけど、
Symphony No.9が収録されているといいな。
【参照:KAMIJO OFFICIAL:「Nosferatu」&「Epic Rock Orchestra」連動特典決定!】

まぁ、今年一番の感想はギターのKellyさんが胸元までシャツのボタンを開けてたんだけど、かなりの巨乳だったということ←←

†【ライブレポ】MOSHIJO THE THIRD 王家の血とSONATA@東京キネマ倶楽部<17.12.9>†
セットリスト
威風堂々(MOSHIJO ver)
カストラート
Symphony of The Vampire 第1楽章 Presto
Symphony of The Vampire 第2楽章 Sacrifice of Allegro
Symphony of The Vampire 第3楽章 Royal Tercet
Louis~艶血のラヴィアンローズ~
闇夜のライオン
Symphony of The Vampire 第4楽章 Dying-Table
Moulin Rouge
Death Parade
サンクチュアリ
片手に夢を持つ少女
Heart
月光(MOSHIJO ver)(by Be Choir)
Symphony of The Vampire 第5楽章 Sonata
Symphony of The Vampire 第6楽章 満月のアダージョ
Royal Blood
聖なる人(Be Choir)
薔薇は美しく散る
Norferatu
Symphony No.9
Symphony of The Vampire 第7楽章 Throne

ライブメンバー
Be Choir
Gt.Kelly SIMONZ
Ba.関谷友貴
Key.佐山こうた
Dr.渡邊シン

★記事がよかったら、上記のアイコンから共有してもらえると嬉しいです!★

↓↓次回の公演もチェック!!↓↓
チケットぴあ

KAMIJOの最新記事

About the Author

不埒な オトコ
GACKT,Versailles(KAMIJO,Jupiter)など、ビジュアル系のライブレポートを中心としたブログ

Be the first to comment on "【イベントレポ】†KAMIJO Blu-ray&DVD「Sang Live at Zepp DiverCity Tokyo」インストアイベント@新宿 タワーレコード<19.1.27>†"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*